BLOG

2020/01/14 新潟県新潟市編!君いるどうじゃろう

新潟県新潟市編!君いるどうじゃろう

自分で劇場交渉に行くという、初めまして、支配人の方いらっしゃいますか?(ドキドキ)
そしてそれさえも見てもらおうという、お騒がせなこの企画。

それが「君いるどうじゃろう」です。

『「考えたのは「その支配人さんや編成の方が個人的にオススメの食べ物や景色やそれらをその場で書いてもらって、それを僕がここで紹介していく」という企画です。
交渉する映画館の名前は出せないです。地域や市名は出せると思います。
目指せ二桁の映画館での公開!です。
そして僕が行ったその地域にお住まいで、映画『君がいる、いた、そんな時。』を観たい!と思ってくださる方々、その地域のあの映画館かも知れない!という映画館に直接、上映リクエストを入れてくださったらとてもありがたいです。映画館さんも注目されていない映画をかけるのは怖いことで、少しでも声が自分の元に届くことで勇気が出ると思うのです。そうしたら公開してくださるチャンスがもらえるかもしれないのです。』

新潟県新潟市に。

寒いであろうことは想像していたのですが
ザ防寒上着、というものを持っていない迫田は
重ねれば大丈夫だろう。とGジャンにて新潟へ。。。

色々とあって3泊を新潟市で過ごしたのですが
初日に腹巻きを買い
2日目に手袋を買い
と現地調達。。

そして劇場の方にオススメを伺ったところ

F3という本屋さん
と栗の木川(バイパス)

F3さんはおやすみだったので

栗の木川に

宿泊しているところがその近辺の沼垂(ぬったり)という地域だったので
この道、3日間の間に何度通ったことか。。
もうほとんど友達のような道でした笑。

栗の木バイパスは昔、川だったんだよ
知っている人少ないと思うよ

と劇場の方。

僕は今、こう言いたい。

この道は、3日間よく歩いていて、まさかオススメとして
紹介してくれることになるなんて、僕も含めて知っていた人、一人もいないです!と。

お会いしたかった在新潟の小説家の方にお会いしたり
大学時代の在新潟の友人と、ひっさしぶりに会ったり
友人の紹介で在新潟の方とお会いしたり
重ね着に重ね着を重ねたりと

映画上映、叶えば。

明日は早朝からバス移動。

寝ます!

迫田

_______________________

2020年初夏 新宿K’s cinemaほか全国劇場公開予定
5月29日呉ポポロシアター先行公開

映画『君がいる、いた、そんな時。』

出演
マサマヨール忠 坂本いろは 小島藤子

おだしずえ 末武太 アイリン・サノ 沖原一生 山本正大 吉元宏介 渡邊海瑠 下村拓巳 山本偉地位 小川恭未子 藩飛礼・竜児

阪田マサノブ 横山雄二

監督・脚本・プロデューサー:迫田公介
エグゼクティブプロデューサー:阪井善和 田川耕治 田中敏也 土居由人
音楽:ウサギバニーボーイ+kneeeeee+オカダノリコ
劇中タイトルデザイン:田中健太郎
後援:呉市 呉市教育委員会 東広島市教育委員会 広島県
製作・配給:とび級プログラム ©とび級プログラム
2019年 / 日本 / カラー / 85分 / アメリカンビスタ(16:9)

https://kimi-iru.com/
https://www.facebook.com/kimiiru
Twitter ID @kimiiru_movie