BLOG

2019/12/31 2019年ありがとうございました。

先ほど気づいて。

広島国際映画祭での上映から1ヶ月以上経ち
公式HP掲載記事 原文を担当された方の

レポートブログ。

開催後1度アップされていたのだけれど
その1ヶ月の間にまた色々と作品を思い返しながら
ライターの方の感想部分が修正加筆されていってる。。。
『君いる』だけ。。

嬉しい。ずっと反芻してもらえてるなんて。。

ショウコ編も楽しみ。

観た後に、語り合いたくなる作品になっていると信じてます。

来年5月29日呉市ポポロシアター先行を皮切りに

東京メイン館、新宿K’s cinemaほか全国順次公開。

twitterでも興味深い感想というか、たくさんいただいていて。
その中で
「受け手次第で薄くも厚くもなる映画」
というご感想があった。

必ず、絶対に、この映画を必要としてくれている人が存在する。

前作の映画『父の愛人』http://tobikyu.com/fathermistress/
を劇場公開した後に、お客様からお手紙を監督の迫田宛てに何通かいただいて。
その中に、
「映画『父の愛人』がこの世界に存在してくれて良かった。ありがとうございました」
と書かれてあった。

映画『君がいる、いた、そんな時。』をこの世界に存在させたいです。
その為に一つでも多くの映画館で観ていただけるように。

旧年中は色々と応援いただきご期待いただきありがとうございました。
来年、劇場公開が始まります。

微力を尽くします。

是非劇場においでいただけたら。
そして応援いただければ幸いです。

存在させたい。

みなさま良いお年をお過ごしくださいませ。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

監督 迫田公介

_______________________

2020年初夏 新宿K’s cinemaほか全国劇場公開予定
5月29日呉ポポロシアター先行公開

映画『君がいる、いた、そんな時。』

出演
マサマヨール忠 坂本いろは 小島藤子

おだしずえ 末武太 アイリン・サノ 沖原一生 山本正大 吉元宏介 渡邊海瑠 下村拓巳 山本偉地位 小川恭未子 藩飛礼・竜児

阪田マサノブ 横山雄二

監督・脚本・プロデューサー:迫田公介
エグゼクティブプロデューサー:阪井善和 田川耕治 田中敏也 土居由人
音楽:ウサギバニーボーイ+kneeeeee+オカダノリコ
劇中タイトルデザイン:田中健太郎
後援:呉市 呉市教育委員会 東広島市教育委員会 広島県
製作・配給:とび級プログラム ©とび級プログラム
2019年 / 日本 / カラー / 85分 / アメリカンビスタ(16:9)

https://kimi-iru.com/
https://www.facebook.com/kimiiru
Twitter ID @kimiiru_movie